2006年10月01日

botan04.gifシーズン2の放送開始日(アメリカ)

プリズンブレイク、シーズン2の開始(アメリカ)は秋からだ、とアナウンスされていましたが8月21日に決まった様子です。
(撮影は6月15日からスタートしているようです)

*シーズン2のストーリーに関しては、アメリカ在住ではありませんし(友人といえど毎週毎週友人に手間暇をかけてなんとかしてもらう訳にはいきません)、1話1話毎に見たいと思う方ではありませんので(例えるなら、週間の雑誌を毎週購入するのではなく、コミックスが発売されたら買うタイプです)申し訳ないのですが、リアルタイムで書く事はありません。




| シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する
2006年09月05日

botan04.gif1話「逃亡者たち:Manhunt」

1.
(ある建物の部屋の中)
FBI捜査官のマホーンが机に座り、部下に脱獄者の名前を読ませながら、脱獄者のファイルと写真を確認する。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif2話「オーチス:Otis」 

1.
(FBIマホーン捜査官の自宅の庭)
マホーン捜査官は庭にあるいすに腰かけ、部下からカナダ及びメキシコの国境周辺に手配書を回した報告を携帯電話で受ける。その後、マホーン捜査官は椅子から立ち上がり、庭の芝生の上に設置してある白い置物を除き、雨水が溜まっている水面で自分の顔をじっと見つめる。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif3話「走査:Scan」

1.
(郊外:橋の下)

・一台の車が炎上し、消火した後横転して橋の下に転がっている。その脇をFBIのマホーン捜査官達、消防隊達が周りを取り囲む。ある男がマホーン捜査官に向かい、「死ぬ気で脱獄したのに、こんな形で死ぬとは悲しい話だ」と話しかける。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif4話「罠の代償:First Down」

1.
(ある道路)
ニーカの車をリンカーンが運転し、助手席にマイケル後部座席にニーカが座り、マイケルが町に着いたらニーカをおろして、金ができたら約束の金を送金すると話していると、車のバック・ミラーを見たリンカーンが誰かに追跡されていると言う。マイケルが驚き、後ろを売りかえると、追跡してきた車がスピードを上げて、車に追突してきた。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif5話「ダブルK農場:Map 1213」

1.
(ユタ州ソルトレイクの東:150号線)
・車のラジオからマイケル達はアブルッチがワシントンD.C.で射殺された事をラジオで聞く。リンカーンは驚きつつラジオのスイッチを切るが、脱獄犯はあと7人という発表から自分達は死んだ事になっていない事を話す。しかしマイケルは時間が稼げたといい二人はユタ州ののトゥエレにあるKK牧場を目指す。
(ワイオミング州グリーンリバーを通過している列車の中)
・列車に乗っていたCノートは車掌からチケットの提示を告げられ、片方を持っていないことをとがめられるが何とかごまかしてその場をやり過ごす。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif6話「再会:Subdivision」

1.
(ウィスコンシン州:ある店舗)
・朝になり、自転車をこいでいたヘイワイヤは、ファーストフード店のドアから店内へ侵入する。ヘイワイヤは店内に設置されていた機械から直接飲み物を飲んだり食べたりしていると、そこに出勤してきた男女が店内に入ってきて女性に大声をあげて驚かれる。(ヘイワイヤは何に驚いたのか解からず後ろを振り返る。)

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif7話「埋蔵金:Buried」 

1.
(イリノイ州:トゥエレの新興住宅地)
ティーバッグ家主の女性の口を手でふさぎ声を出さないようにする。マイケルが2階の窓から外の女性警官をうかがっていると、女性警官は家の中に入り「ママ、家にいるの?」と声を掛ける。女性警官はキッチンに置かれた氷が床に落ちているのをみつけ銃に片手をかけ2階へあがる。(1階のガレージへとつながるドアの隙からはスークレCノートリンカーンが息を潜めて様子をうかがっていた)

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif8話「デッド・フォール:Dead Fall」 

1.
(ユタ州:トゥエレの新興住宅地)
スークレは、CノートTバッグマイケルが唖然とする中金が全部入ったバッグを取りバイクで逃げる。家に残された全員は口論しあった後、分かれる事になる。その後マイケルは家主に紐を切るためにナイフを渡し(1時間程度で紐は切れると)、キッチンに入ってきたCノートとここに来る警察の為にティーバッグを残して行く事を話す。しかし、マイケルとティーバッグはガレージに戻ったときティーバッグは消えていた。その後、Cノートは家を後にし、マイケルは家主の娘(警官)が所有していた警察無線を取った。(その様子を窓の外からティーバッグが見ていた)

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif9話「シークレット・ガーデン:Unearthed」

1.
(ユタ州:植物公園)
マイケルは右手の内側の腕にあるタトゥーを確認した後、従業員入り口に入る。その場にあった帽子を被り、園内の「Apache Desert Ghost/アパッチ・デザート・ゴースト」という区域の位置を確認する。観光客に紛れ、その場所に来た時、作業していた何人かの従業員、カメラで風景を撮っていた観光客がたくさんのタバコの吸殻を落としている事に気付きマイケルはその場を離れる。すると、写真を撮っていた男がマイケルに近づき、手首に隠してあった無線で「スコフィールドを発見」と連絡する。マイケルは何とかその場から逃げる事に成功する。
(アリゾナ州:ある道路)
LJを助手席に乗せて車を運転していたリンカーンは、LJに自分がお尋ね者だという事が解かるか?と話しかける。LJはマイケルとパナマに行く予定では?と返すとリンカーンはもう(LJは)無実だから人生をやり直せと諭す。LJは置いていくつもり?と聞くと、リンカーンはいいやと言いLJの頭を触る。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif10話「めぐり逢い:Rendezvous」

1.
(カンザス州:トリビューン)
・音楽がかかる中でティーバッグが椅子に座り縛られたまま、よだれをたらしていた。別の椅子に座っていたゲアリー元刑務官はティーバックの持ち物が少ない事をいぶかしがりながらティーバッグが持っていた機械のことを聞くとティーバッグは血圧計だと答える。そこに、ベリック元刑務官がキッチンから戻ってきて、(肉をやわらかくする)ミートハンマーを持ってきて、ティーバッグに金のありかを吐けといってティーバッグを殴り始める。(金を入れたコインロッカーの鍵は左の靴下の内側に刺していた。)
(イリノイ州:FBIシカゴ支局)
・FBIの捜査官達は、リンカーンの写真に×をいれ、リンカーンが捕まった事を祝っていたが、マホーン捜査官の居場所がわからないと話しあっていた。
(シークレット・サービスのケラーマン捜査官はタクシーの後部座席でマホーン捜査官に電話するが、留守電のメッセージが流れた為、電話を切り、ワシントンD.C.にいる大統領側近でシークレット・サービスのキムに電話をし、リンカーンがアリゾナ州警察に確保された事を報告する。キムはこの為にFBIマホーン捜査官を引き入れたのでマホーン捜査官に向かわせろというがケラーマン捜査官は自分が処理すると言う。)
(アリゾナ州:ウィルコックスのある道路)
LJとリンカーンはパトカーの後部座席に座らされ道路を走っていたが、パトカーに1台の黒塗りの1BOXカーが猛スピードで近付いて来た。パトカーに乗った警官はその車に気付くが、黒塗りの車はパトカーに体当たりを繰り返すと、パトカーはわき道にそれ横転した。リンカーンとLJは後部座席から抜け出すが、黒塗りの車から近付いてきた男達に拉致される。リンカーンは抵抗しようとしてその中にいた人物に抵抗するが、殴った相手は金髪の女性で口をぬぐいながらあなたの父親の仲間よと言われる。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif11話「ボリショイ・ブーズ:Bolshoi Booze」

1.
(カンザス州:トリビューン)
ティーバッグはパトカーが家の前に止まる音を聞くが、手に掛かっている紐を外す事ができない。家のドアをノックする音がして警官達が警告する。ティーバッグが手首を見つめた直後、銃を手にした警官達が家に入ってくるがティーバッグはオイルヒーターの後ろに左手首を隠した後、姿を消していた。

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif12話「家族の肖像:Disconnect」

1.
(ニューメキシコ州:砂漠)
父親マイケルに落ち着くように言うがマイケルは激しい動揺を見せる。マイケルが同様する様子をみたリンカーンはマイケルに何があったのか問いただすと、マイケルは子供の頃(10歳の時)、リンカーンが矯正院(少年院)に入れられていた時に、預けられていた里親から明かり一つない小部屋に入れられ、その部屋を出ようとすると虐待されていたと話す。
(ニューメキシコ州:ギラ近くのモーテル)
サラはシークレット・サービスのケラーマン捜査官によってバスタブの中に沈められていた。ケラーマン捜査官は、テレビの音量をあげて、ビニールシートなどを用意していた時、モーテルの部屋がノックされる。少し迷っていたが、その時ドアの扉が勝手に開いた。チ部屋の中からチェーンをかけていたが、ケラーマン捜査官があわてて戸口に近付くと、モーテルの従業員で、TVをつけっぱなしにしてチェックアウトしているのかと思って開けたという。その時、バスルームから物音がするので様子を聞かれるが、ケラーマン捜査官は娘が遊んでいるといって従業員をあしらう。(その間サラは、バスタブの栓を水中で引き抜こうとしていた)

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

botan04.gif13話「反撃開始!:The Killing Box」

1.
(ニューメキシコ州:ラス・クルーセスから南東の距離に位置する道路)
・携帯電話からサラマイケルの名前を呼ぶ声が聞こえていたが、マイケル達はFBIのマホーン捜査官に銃口を向けられていた。マホーン捜査官はマイケル達を殺すつもりでいたが、そこに国境警備隊が現れマホーン捜査官に銃をおろすよう警告する。マホーンはFBIだというが、警告にしたがい銃を降ろすと、国境警備隊達がマイケル達を取り囲む。
(メキシコ国内の領域:飛行機内)
スークレは小型飛行機の後部で飲み物を探していたが、その時操縦士が無線で撃墜される事を知り、スークレにパラシュートを背負って飛び降りろと言う。スークレは面食らうが、操縦士はスークレより先にパラシュートを背負って飛び降りた。それを見たスークレは酒を飲み十字架を切ると小型飛行機から飛び降りる。
(ワシントンD.C.)
・ワシントンで、シークレット・サービスのキムは、FBIのマホーン捜査官がマイケル、リンカーンをメキシコ国境のニューメキシコ州で逮捕した、脱獄してから10日目の
逮捕になり脱獄犯はあと4人、スークレ、ティーバッグCノートヘイワイヤだけになったというテレビニュースを不快な表情を見せながら見ていた。すると、部屋のノックがして男が部屋に入ってくると、(キムに)話があるという誰かの伝言を聞くと、こわばった表情をした後うなずく。
(シークレット・サービスのケラーマン捜査官は車のラジオでこのニュースを聞いていた。)
フォックス・リバー刑務所でも看守達が小型テレビでこのニュースを聞いていた。)
(FBIシカゴ支局でもマホーンの部下達がこのニュースをテレビで見ており、このニュースに対し拍手をして喜んでいた。)

全文を読む
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。