2007年03月31日

botan04.gif小説版の16話:登場人物の過去を更新

プリズン・ブレイク〈VOL.3〉
竹書房
小島 由記子(翻訳)ポール・T. シェアリング(著)
発売日:2006-12

小説版を読んでいる人なら解ると思いますが、小説版からしか得られない情報が結構あると思います。小説版は登場人物の心境などが解るので、それぞれに対する印象が替わってくると思います。

全文を読む
2007年03月22日

botan04.gif小説版の16話:登場人物の過去「マイケル」「リンカーン」

- フォックス・リバー刑務所に来る3年前(小説版から解る事) -

Michael Scofield マイケル・スコフィールドMichael Scofield マイケル・スコフィールド
職業:大手の建築設計事務所に勤務
住まい:高層アパートメントの1室を所有

・兄リンカーンが副大統領の兄を殺したと報道があった時、実はベロニカが事務所に訪ねて来る前に知っていたが、ベロニカには知らないふりをしていた。
・リンカーンからの電話に出ていれば、と後悔している。

Lincoln Burrows リンカーン・バローズLincoln Burrows リンカーン・バローズ
職業:定職に就いた事がない
住まい:安アパートメント
友人関係:シモンズボーといった裏社会の人間と付き合い、ドラッグ、アルコールに溺(おぼ)れる

リンカーンが15歳、ベロニカが12歳の時に娘に暴力を振るっていたベロニカの父親からベロニカを守ってやった事がきっかけでベロニカと付き合うようになる。(マイケルは口で言えば解ると暴力なしで解決しようとしたが、解決にならずリンカーンが力で解決)
・9万ドル(約1,000万円)の借金をシモンズにしており、その肩代わりをボーにしてもらうが、替わりにある男を殺すよう持ちかけられる。この男を殺さないと替わりにリンカーンにとって大事な人間(リンカーンの脳裏には当時11歳のLJが浮かぶ)を殺す事をほのめかされる。
マイケルには自分の事は忘れて、しっかりと今まで通りの道を歩いて欲しいと願っている。
・事件から1年後、裁判は異例の速さで進んだが、結審の時も借り物のスーツを着て出廷。


*関連
16話 「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」マイケル・リンカーン

botan04.gif小説版の16話:登場人物の過去「サラ」

- フォックス・リバー刑務所に来る3年前(小説版から解る事) -

Dr. Sara Tancredi サラ・タンクレディDr. Sara Tancredi サラ・タンクレディ
職業:ERの勤務医

・母親をなくしてから、家庭を顧(かえり)みない父親に反発して一人暮らしをしていたが寂しさからドラッグに手を出し始めた。コリンというボーイフレンド(サラが病院から持ち出した注射針を渡した相手)ができてから、ERでの激務とあわせ、ますますドラッグにのめりこむようになる。
・ドラッグでハイになっている時、目の前で少年が事故にあった時、医師としての役目を果たせない自分を恥ずかしいと思いドラッグをやめた。

・少年の事故から18ヶ月後(1年半)、コミュニティーセンターが主催するカウンセリングに参加した際、2年前までドラッグ中毒だったというベリックと知り合いになる。

*関連
16話「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」女医(サラ、Dr.タンクレディ−)

botan04.gif小説版の16話:登場人物の過去「シーノート」

- フォックス・リバー刑務所に来る3年前(小説版から解る事) -

Benjyamin miles Franklin ベンジャミン・マイルズ・フランクリンBenjyamin miles Franklin ベンジャミン・マイルズ・フランクリン
職業:アメリカ陸軍 軍曹
勤務地:クエート アルジャバル陸軍基地
任務:前線への物資補給、戦士した仲間の棺を基地へ運搬する事。
家族:アメリカ国内に住む妻ケーシーと娘ディディ
自宅:妻ケーシーの趣味によりヨーロッパ調のインテリアで整えられている

・死と隣り合わせの任務で、多くの仲間が輸送中に襲撃に遭い、捕虜になったり死亡したりしている。
・その為、シーノートは危険な任務から外れ安全な捕虜収容所への任務を希望し、上司の為に戦場では手に入りにくい冷えたビールを手に入れるなどした結果、希望の任務につく事ができた。
・任務が変わっても仲間からの頼みに応じてさまざまな物資を調達、供給し報酬を得て貯えていた為、妻ケーシーには給与を全額送金していた。

・軍を不名誉除隊になった後は、これまでの貯えを切り崩しながら、給与として手渡していたが、軍を不名誉除隊になったという経歴がネックになり、プライスマートなどからも求人を断られていた。
・義理の弟ダリアスがよくない連中と付き合っているのをわかっていたが、軍を除隊後約1年がたち貯金の底をついていた為、ダリアスからの仕事を引き受けた。
・逮捕後はダリアスから保釈金を出してもらい家に戻ってきたが、積荷からヘロインが出てきていた為、実刑を覚悟していた。

関連
Cノートの過去(16話)

botan04.gif小説版の16話:登場人物の過去「ティーバッグ」

- フォックス・リバー刑務所に来る3年前(小説版から解る事) -

Theodore Theodore "T-Bag" Bagwell セオドア・“ティーバッグ”・バッグウェル
職業:食品メーカーの部長補佐

スーザン・ホランダーとは勤務先で知り合う。スーザンに対しては子供の頃夢に思い描いていた理想の母親像にそっくりで、これまで自分が味わった事のないような幸せを感じていた。(実際のティーバッグの母親は精神を病んでいた為か、母親から愛とぬくもりを感じる事ができなかった。)
・スーザンと出会ってからは、スーザンの子供に対しても快楽殺人の衝動は全く起こらず、自分のような人間でも人並みの人生をおくれるのではないか、子供の頃に描いた暖かい家庭をスーザンと築けるのではないかと願っていた。

・スーザンはティーバッグの事を物腰の柔らかい男性だと思い好印象を持ち、ティーバッグと共に新しい人生がはじまるのではないかと思い気持ちを高ぶらせていた。

・スーザンに通報された時、ティーバッグはスーザンが生まれて初めて愛した人だったにも関わらず通報された事から自分も裏切られたと感じていた。(スーザンに出会った事で、本気で生まれ変わったと感じ言葉にしたに関わらず、信用されず否定されてしまう。)

*関連
16話「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」Tバッグ
2006年06月28日

botan04.gif16話 「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」マイケル・リンカーン

−3年前のマイケル(主人公、フィッシュ)とリンカーン(兄)−

プリズンブレイク マイケル1.
・雪の降る中、自分のアパートの前で白いTシャツの上に黒の革ジャンジーズといういでたちで寝ているリンカーンを、グレーのスーツ、紺のコート、グレーのマフラー、黒の皮の手袋をしたマイケルがおこす。マイケルがメッセージにトラぶったとあったけど?と聞くとリンカーンは鍵をなくしたという。マイケルは1.5メートル先に落ちてたと鍵を投げる。リンカーンはマイケルに一緒にランチをと誘うが、仕事に戻るから、と立ち去る。
・リンカーンが部屋に入ると、金を借りていた相手クラブ・シモンズがいた。返済を待ってくれ、と言うがリンカーンに仕事をしてもらいたいっていう奴に、返してやったとボーが現れる。そして、借りているのは9万ドル(約1千万円)なので、数日で返せるあてはないし、悪い奴を一人殺すだけで済む話だと持ちかけられる。
(窓の外からは、リンカーンの着ている服、取れているボタン、ジーンズについた染みまでを双眼鏡を使ってチェックするシークレットサービスがいる。)


全文を読む
2006年06月22日

botan04.gif16話「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」女医(サラ、Dr.タンクレディ−)

−3年前の女医(サラ、Dr.タンクレディ−)−

女医(サラ、Dr.タンクレディ)
1.
・病院で医者として働いているサラは、薬品の備品庫に入りモルヒネを手に取り、その場で自分の腕にすばやく注射する。
全文を読む

botan04.gif16話「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」Cノート

−3年前のCノート−

1.
・クウェートのAl-Jabar AFB(アル・ジャバール空軍基地)で届いた物資をあけ、上司に希望していたビール(氷詰めされ冷やされた)が手に入った事を報告する。上司は、C-ノートを褒め、約束していた通り、希望していた前線以外の任務である刑務所内の警備への異動を言い渡す。

全文を読む

botan04.gif16話「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」Tバッグ

−3年前のTバッグ−

1.
・二人の子供を持つある女性(スーザン・ホランダー)が食事の準備をしながら子供達にむかい食事にお客様がくるからと告げる。子供(男児)は昨日も来たじゃない?というが、子供(女児)はあの人好きよと言う。そんな中で自宅のベルがなり、鏡の前でスーザンは身なりをチェックし玄関を開けると、茶色のチェックのコート、白いシャツ、黒のセーターを来たTバッグが玄関に立ち笑顔でスーザンに挨拶する。

全文を読む

botan04.gif16話「フォックスリバーへの道:Brother's Keeper」スークレ

−スークレの3年前−

1.
・いとこ達とつるんでいたスークレは、逃走中のリンカーンに肩をぶつけられ文句を言うが、リンカーンは夢中で逃走。スークレはその後、女友達と一緒にいたマリークルースに釘付けになる。



全文を読む


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。