2008年01月19日

botan04.gifウェントワース・ミラーの家族写真

プリズン・ブレイクではマイケル役を演じているウェントワース・ミラーですが、先月にテネシー州メンフィスで開催されたDr. Green Forte Pinkstonの子孫達が集まった会場にいたようです。(just jared

画像は左から、叔母(伯母かも?)、いとこ、ウェントの妹(一番下の)、ウェント、いとこだそうです。

ちなみに、Dr. Green Forte Pinkstonは解放された奴隷のお孫さんで1963年に死亡。

commercialappeal.comから簡単に訳しますが、Dr. Green Forte Pinkstonは、アフリカ系アメリカ人の中でも最初のほうに(奴隷から解放された後、1世代/両親の世代を置いて)医療関係に携わった人物。彼は弟とMeharry Medical Collegeに通い、その後、医療関係(医者?)の仕事に従事したそうです。彼が子孫に残した遺産は、ハードワーク、教育、家族。

最初の妻と死別してからは、メンフィスからコルドバへと移り、2番目の妻と9人の子供をもうけ、88歳まで綿と家畜も育てた。

9人の子供も農場を継いだ一人の子供を除いて全員大学での教育をうけさせた。(ただし、農場を継いだ子供の子供3人もタフツブラウンハーバードといずれも名門の大学に進学)

子供たちやその子供たちも医学の道を志したり(Dr. も少なくとも2人以上)、地域教育の発展に努めた。

子供9人のうち5人は80〜90歳のお年で現在も元気な様子で、この子供たちとその孫までの家族がテネシー州メンフィスのメンフィス大学の施設などに集結したようです。

年代から憶測しただけですが、Dr. Green Forte Pinkstonはウェントのお父さん側の曽祖父(おじいちゃん、おばあちゃんの父親)にあたるのではないでしょうか?





Copyright (c) 2006-2007 猫とプリズンブレイク

リンクフリーです。連絡なしで構いませんので、ご自由にリンク、トラックバックをお張り下さい。TBはこちらからもお返しできるので、大歓迎です。

*ただし、 ・当ブログと全く関係のない記事 ・TBを拒否設定しているブログ(やむを得ないと解るブログは構いません) ・ニュースサイトを含め、転載記事で構成したブログ に関しては、すべてスパムとみなし削除致しますのでご了承下さい。

*当ブログの文章は(引用以外は)100%オリジナルで作成しております。
リンクを貼って頂いた上で、ブログ名がわかるようにして頂いている「引用」は全く構いませんが、「転載」は一切許可しておりませんので、コピー記事を発見した時はこちらにあるように、コメント欄からご連絡下さい。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。