Top プリズンブレイク>小説Prison Break: The Classified FBI Filesの発売日は5/8
2007年05月07日

botan04.gifPrison Break: The Classified FBI Filesの発売日は5/8

関西でもシーズン1の最終話(22話)が放送され、関東では5/7(月)にシーズン1の再放送がありますが、以前、プリズン・ブレイクの小説版?にはUS版とUK版がありました…orzという事を紹介しましたが、5/8(火)にはPrison Breakの小説版というか本が出版されます。

出版社のページを見ると、サンプルがあるので興味を持っている人はこちらのページ(シーズン2のラスト22話までのネタバレがありますのでお気をつけ下さい→pdfファイル)見てみてください。

↓上の段がUS版(5/8発売 2,224円)、下の段がUK版(6/4発売 2,914円)となっています。
Prison Break: The Classified FBI Files
Pocket Books
Paul Ruditis(著)
発売日:2007-05
Prison Break Uk Edition: The Classified FBI Files
Pocket Books
Paul Ruditis(著)
発売日:2007-06-04

(ケータイはこちら→Prison Break

FBIが持つ資料とあるので、シーズン2のストーリーをフォローしたものとなっているようです。

・逃亡者、共犯者、刑務所に関わる人に関するプロフィール
マイケル・スコフィールドが全身に入れたタトゥーの写真とタトゥーに関する分析
フォックス・リバー刑務所の内部図と、脱獄ルートのプラン
・マイケル・スコフィールドが所有していたPCのハードディスク(シーズン1の1話で川に投げ捨てた物)の内容、つまり新聞の切り抜き、家族の写真、文書など
リンカーンが巻き込まれた政府の最高機密に関する陰謀をまとめたミステリアスなブログからの投稿内容





Copyright (c) 2006-2007 猫とプリズンブレイク

リンクフリーです。連絡なしで構いませんので、ご自由にリンク、トラックバックをお張り下さい。TBはこちらからもお返しできるので、大歓迎です。

*ただし、 ・当ブログと全く関係のない記事 ・TBを拒否設定しているブログ(やむを得ないと解るブログは構いません) ・ニュースサイトを含め、転載記事で構成したブログ に関しては、すべてスパムとみなし削除致しますのでご了承下さい。

*当ブログの文章は(引用以外は)100%オリジナルで作成しております。
リンクを貼って頂いた上で、ブログ名がわかるようにして頂いている「引用」は全く構いませんが、「転載」は一切許可しておりませんので、コピー記事を発見した時はこちらにあるように、コメント欄からご連絡下さい。
タグ:prison break
| TrackBack(0) | プリズンブレイク>小説 ブックマークに追加する

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。