Top プリズンブレイク>プリズンブレイク/Prison BreakPrison Break(プリズンブレイク)訴えられる…
2006年10月26日

botan04.gifPrison Break(プリズンブレイク)訴えられる…

実はシーズン2の1〜7話まで届いたのですが、プライベートで忙しく疲れがどっときているので更新が進まないのでいるのですが、気を取り直して海外ニュースサイトをみていると、ヤフーアメリカのサイト(リンク先は情報元)でびっくりするニュースを発見しました。

内容は、1960年代にRobert Hughes(ロバート・ヒューズ)が16歳の時服役し、兄のDonald(ドナルド)が脱獄を手伝い、逃亡生活を送った事がある事から、このヒューズ兄弟は2001年にFOXに自分たちの原稿を送ったのですが(エリン・ブロコビッチスタンドアップのように実話の映画化などはよくあるので、売り込みだと思うのですが)FOXは興味を示さなかったのです。しかし、2005年にプリズン・ブレイクの放送が始まり、自分たちのアイデアをFOXにパクられた(アイデアを盗まれた)と主張し、FOXおよび、ポール・シェアリングに対し訴訟を起こしたようです。

現在、弟のロバート・ヒューズは59歳、そして兄のドナルド・ヒューズは63歳でミズーリに住み、障害を持っている為社会保障を受けて生活しており、取材に対し、リッチな奴が貧乏人を足蹴にする事はよくある事だ、と答えているようです。

これに対し、FOXは訴状を読んでいないとコメントを控えているようです。

どちらの主張が正しいのかよくわかりませんが、(よくある言いがかりにも見えるし、その逆のケースにも見えるので)解かっている事を下記に載せておきます。

ヒューズ兄弟の物語
1964年に弟ロバート・ヒューズが16歳の時に、母親と口論した際にアイスピックで母親を脅したとして、21歳までの5年の服役を言い渡されたのです。しかも母親はパラノイア(被害妄想・誇大妄想を抱くなど)を患っており、後に訴えを取り下げたのですが聞き入れられませんでした。

そして、弟ロバートが入所した2ヶ月後に当時20歳の兄のドナルド・ヒューズ脱獄を計画し逃亡を手伝い、働きながら4年間の逃亡生活を2人で送っていた時、カンザス・シティー・スターズ(新聞)が彼らを特集し、1968年に疑いが晴れたというものでした。

この自分たちの実話を元に、ヒューズ兄弟は自分達がFOXに渡した原稿と、プリズン・ブレイクに登場する名前、場所などに30箇所以上の類似点がある、と主張しているようです。

wikiの日本語板プリズン・ブレイクを見て頂くのが解かりやすいのですが(英語版のwikiは実は時系列が合わない事があるので、怪しい点があると思っているのですが、日本語板は信用できると思います)プリズン・ブレイクの企画が最初に持ち上がったのは2003年という事なので、2001年にこの兄弟がFOXに売り込みをかけていたのなら、この主張も突飛な話でもないようです。

ただ、ハリー・ポッターをはじめファインディング・ニモデイ・アフター・トゥモローダ・ヴィンチ・コード など作品に対する盗作の訴訟はこれまでも数多くあるので、

私の個人的な憶測に過ぎませんが、
・FOXが兄弟の持ち込んだ原稿をヒントにした
・FOX側の誰かがカンザス・シティー・スターズの当時の新聞を読んだ
・もともと売り込みに来たものである事からこの兄弟の金銭目的
・兄弟が自分たちの物語を書籍化するに当たって注目を集める為に起こした行動

など単純に邪推しただけでもこれらの可能性が考えられるのですが、事実は当事者以外には解からないものですし、このような訴訟があれど個人的な憶測でしかありませんがプリズン・ブレイクがなくなるまでの事態には発展しないとは思います。)





Copyright (c) 2006-2007 猫とプリズンブレイク

リンクフリーです。連絡なしで構いませんので、ご自由にリンク、トラックバックをお張り下さい。TBはこちらからもお返しできるので、大歓迎です。

*ただし、 ・当ブログと全く関係のない記事 ・TBを拒否設定しているブログ(やむを得ないと解るブログは構いません) ・ニュースサイトを含め、転載記事で構成したブログ に関しては、すべてスパムとみなし削除致しますのでご了承下さい。

*当ブログの文章は(引用以外は)100%オリジナルで作成しております。
リンクを貼って頂いた上で、ブログ名がわかるようにして頂いている「引用」は全く構いませんが、「転載」は一切許可しておりませんので、コピー記事を発見した時はこちらにあるように、コメント欄からご連絡下さい。
タグ:prison break
ok-track03.gif

ブログピープル(プリズン・ブレイク)へのトラックバック
http://member.blogpeople.net/tback/06766

ブログピープル(ウェントワース・ミラー)へのトラックバック
http://member.blogpeople.net/tback/07035

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26175725

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。