Top シーズン2>ストーリー 1-13話2話「オーチス:Otis」 
2006年09月05日

botan04.gif2話「オーチス:Otis」 

1.
(FBIマホーン捜査官の自宅の庭)
マホーン捜査官は庭にあるいすに腰かけ、部下からカナダ及びメキシコの国境周辺に手配書を回した報告を携帯電話で受ける。その後、マホーン捜査官は椅子から立ち上がり、庭の芝生の上に設置してある白い置物を除き、雨水が溜まっている水面で自分の顔をじっと見つめる。

プリズンブレイク マホーン プリズンブレイク マホーン
(とある公園)
マイケルは駐車場の前に設置しているベンチにブルーのキャップを被り座っている。自分たちの顔写真の入ったシカゴヘラルド新聞の1面を見つめながら、妻とピクニックに来ている男が車からピクニックの道具を往復して運ぶ姿をじっと見つめる。
(とある倉庫内)
・マイケルを待ちながらCノートスークレリンカーンが口論している所へマイケルが帰ってくる。手には、骨付きチキンがたくさん入ったバスケット、飲み物(酒?)が入った籐のバスケットがあり、アブルッチ達はそれを食べる。リンカーンはその場所から一人離れ新聞の内面部分にある「バローズ(リンカーンの事)の息子の公聴会を行う」というLJの写真入りの記事を眺めていた。
・食事が終わるとマイケルはスークレ、Cノートにいくらかの金を渡し、アブルッチに電話代の1ドルを渡す。
(動物診療所)
Tバッグは麻酔なしの手術の傷みに耐えながら、獣医はTバッグの左手の手首の縫合を終了する。

2.
(とある倉庫の外)
・マイケルはリンカーンと2人きりになりユタに行こうというが、リンカーンはLJの公聴会があるからLJを助けたいという。マイケルは騒ぎが収まってからだ、メキシコについてからにしようと提案するが、リンカーンは今のLJが置かれている状況の方が(裁判所にいた)経験からいうと警備員も手薄で銃器などは持っていない為、今行こうと反論する。
・そこへ、Cノート、スークレ、アブルッチが自分たちは出発する、とやって来て、マイケルとリンカーンに別れを告げ立ち去る。アブルッチはマイケルに自分たちはまた会う事になるだろう、と言い立ち去る。
プリズン・ブレイク Cノートプリズンブレイク スクレプリズンブレイク アブルッチ
・全員が立ち去った後、マイケルはリンカーンに裁判所の事を話してくれと言う。

3.
(フォックス・リバー刑務所)
・2、3時間眠った後、ベリック刑務官が出勤してくる。そこへポープ所長がやって来て、マイケル達脱獄犯の捜査はすべてFBIの管轄になった事を知らされる。ベリック刑務官は反論しようとするが、ポープ市長はDOCの査問委員会へ行く事になったと告げる。
(ミズーリ州セントルイス・駅構内)
・坊主にしたトゥイーナーは、はさみとくしをゴミ箱に捨てながら歩き、ベンチに座り電車を待つ人が多数いる駅構内を歩きながら、携帯電話で話しながらネクタイを締めジャケットを手に持ち、構内を歩いている男性にぶつかる。男性に謝り事なきを得たトゥイーナーは、公衆電話の前に立ち辺りを見回した後、男性から盗んだ財布から免許書を見て、「スコット・コブレナー」という名前を口にする。
プリズン・ブレイク トゥイーナー プリズンブレイク トゥイーナー
(地下駐車場)
・マイケルはリンカーンにラジオに触るな、といいつつ1台の車のキーを空けエンジンかける。そばでリンカーンは記者のふりをしつつ、裁判所にLJの公聴会が始まる時間を携帯電話で確認する。リンカーンは15時に始まり、30分で公聴会が終わる事から、16時には輸送口に出るだろう、と予測し弁護士になりすましてLJと話す事にする。

4.
(DOC査問委員会)
・委員会はポープ刑務所長にマイケルが所長室に来る経緯を聞く。ポープ所長はマイケルを信用していたが、裏切られたと答える。次にベリック刑務官に刑務所内で囚人にPIの作業をしていた事を聞き、その間看守休憩室に穴が掘られた理由を質問するが、ポープ所長が割って入り、囚人は自給19セントでキビキビと働くものではない、刑務所の職員として働けば理解できる、とベリック刑務官をかばう。
・すると、DOCの委員会は質問を変え、ベリック刑務官にPIの作業を囚人から賄賂をもらって決めていたか尋ねる。ベリック刑務官は否定するが、そこへ証言者として18話で解雇されたゲアリー刑務官が現れる。ゲアリー元刑務官は委員会に対し、ベリック刑務官が囚人の一人アブルッチにPIの権利を(賄賂をもらい)譲渡していた事を証言する。
プリズン・ブレイク ゲアリー プリズンブレイク ベリック
(動物診療所)
・手術が終わり、獣医とTバッグは手を洗い経過がいい事を話し、病院に行く事を前提としてアスピリン、痛み止め、抗生物質を渡す。そして、獣医はその後誰にもこの事は一羽ない、というがTバッグは獣医をドライバーで脅す。
プリズンブレイク  プリズン・ブレイク ティーバッグ

5.
(シカゴ:クック郡裁判所)
・LJは面会だと言われ面会室に入ると、そこにFBIのマホーン捜査官がいた。マホーンは自分の身分と名前を言い、リンカーンとマイケルの事を話しTVに出て欲しいとLJに頼む。しかしLJは、リンカーン(父)は政府の人間に嵌められたのに、政府の人間の為にできる訳がない、と断る。すると、マホーン捜査官はLJに対し、ここで恩を売っておいた方が、LJ自身の刑期、刑務所内で誰とセルメイトになるか解からないからよく考えろと、忠告し部屋を出る。
(セントルイス 駅構内)
・トゥイーナーは自分の番になり、「ユタ」と販売員に告げる。販売員がPCをチェックしている間トゥイーナーは駅のベンチで男が読んでいる新聞の1面にフォックス・リバーからの脱獄者として自分の写真がある事に気付く。販売員が明日までないと告げると、トゥイーナーは45ドルでどこまで行けるか販売員に聞くが、後ろで男が読んでいる新聞の1面が気になり列を離れる。
(ある店舗の前の駐車場)
・車内からリンカーンは携帯電話で裁判所に電話をして、「弁護士のニック・サブリン」と偽り、依頼人のLJと話したいと告げる。警備員はその電話を確認し、LJに変わる。LJはリンカーンの声を聞き、「ニックだね」と喜ぶがアリゾナ州の成人刑務所に行く事になると告げ、ベロニカが今日の裁判に現れないから、国選弁護人になった、何か知らない?と聞くが、リンカーンは知らないと答える。そして、LJは今日FBIが来た事を告げるとリンカーンは「3番でオーティス・ライトに気をつけろ、そして頭をあげていろ」と言う。そしてLJは「父に会ったら愛していると伝えて」といい電話を切る。
プリズン・ブレイク リンカーン プリズン・ブレイク LJ
・その後マイケルが車内に何かを買った後、戻ってきて「後1件立ち寄る」といい車を発信させる。リンカーンは車内から道路に携帯電話を捨てる。


6.
(動物診療所)
・Tバッグは獣医をトランクス1枚の裸にして、診療台に獣医を紐で拘束する。その後、必死で哀願する獣医の腕にTバッグは何かを注射すると獣医は目を閉じた。
(ある店舗の駐車場)
・マイケルは車を外に止め、個人経営の工具店に入る。外でリンカーンが待っていると犬を散歩していた女性がリンカーンの脇を通り、振り向きじっと見つめる。すると、そこにシカゴ市警のパトカーが通りかかり女性は手を上げて、そのパトカーを止める。リンカーンはその様子を見て、店内に入りガムテープやロープなどを持っているマイケルに逃げるぞ、と話すと店内に市警が入ってきた。
・マイケル達は店の裏口から出て、店舗の表側にパトカーが集まってくるのを見る。リンカーンは、車なしで行こうと言うがマイケルは車の中にすべてがある、と言う。しかし、LJは時間が差し迫っている為、一旦はそちらを優先させる事にする。
(セントルイス工科大学/工学部?の大学構内 )
・大学オリジナルのTシャツ、パーカー、キャップ(帽子)に身を包んだ、トゥイーナーは服についていた値札(タグ)を外しながら大勢の学生に紛れ大学構内を歩く。そこで、大学内の学生用の掲示板に目を通し、ユタの実家に車で帰るので(金銭を出し合って)一緒に帰る人を募集している、デブラ・ジーンの電話番号入りの募集チラシを見つけ、周囲を見渡した後そのチラシを掲示板から外す。

7.
(DOC審議委員会)
・ベリック刑務官とポープ所長は委員会の前に立つと、ポープ所長は2週間の拘留、3ヶ月の保護観察、ベリック刑務官は解雇を言い渡される。ベリックは18歳からフォックス・リバー刑務所で働いてきた、と震えながら言うが相手にされない。すると、ポープ所長が割って入り、罪があるのは自分でもベリック刑務官でもなく、マイケル・スコフィールドだけだと言う。そして、ベリックの行動はほめられたものではないが、自分の部下に対し背は向けられないといい、自分も退職すると言い部屋を出る。
(シカゴ:クック郡裁判所近くの建物の前)
・マイケルとリンカーンはある建物の屋上に向かいビルの裏側の階段を上る。
(動物診療所)
・獣医が診察台で横たわる中、Tバッグは髪の毛の色を薬品を使い金髪に近い色に変える。

8.
(シカゴ、クック郡裁判所)
・LJが面会室で待っていると、FBIのマホーン捜査官が部屋に入ってきて、ニック・サブリンの電話の事を聞く。LJは、ニックは自分の弁護士だから、と答えると、ニック・サブリンは電話の1時間以上前に部屋で死んでいた、と告げられる。そして、リンカーンからの電話の盗聴記録(「3番目でオーティス・ライトに気をつけろ」)をLJの前で再生する。マホーンは「オーティス・ライト」の事を聞くが、LJは解からないという。
・リンカーンとマイケルはある建物の屋上に登る。リンカーンが窓枠を外している間に、マイケルは銃に類似したものを作る。
・LJは移動の為、警備員、FBIのマホーン捜査官に付き添われながらあるエレベーターの前に来る。LJは3階にいる事を知り、何台か設置されているエレベーターの1台を見上げると「オーティス製造」とネームが付いているのを発見する。そして、左側のエレベーターが付くが、「オーティス・ライト(右)」とリンカーンが残した事を思い出し、靴の紐が解けた振りをしてそのエレベーターをやり過ごす。すると、右側のエレベーターが来てLJは警備員と共にエレベーターに乗り込む。FBIのマホーンはエレベーターには乗っていなかったが、エレベーターの上部をみて「オーティス製造」という文字を見つけ、ドアに手を挟みLJ達の乗ったエレベーターに乗り込み、警備員に自分が代わるといい警備員をエレベーターから降ろす。
・FBIのマホーン捜査官はエレベーターを閉め、LJに何を計画している?と聞くと、エレベーターのハッチ(上部)が開き、銃を持ったリンカーンが現れLJに停止ボタンを押させる。マイケルがLJの手を取ろうと手を伸ばすとマホーン捜査官とLJがもみ合いLJがマホーンの銃を奪う。LJはマイケルに銃を渡し、上ろうとするがリンカーンが偽の銃を下に落としてしまう。偽物の銃だと気付いたマホーン捜査官はマイケルが自分の銃で狙い警告を続けるにも関わらず、「(マイケルは)撃てない」といいリンカーンの腕につかまっているLJを引きずり落とそうとする。
プリズンブレイク プリズン・ブレイク リンカーン
プリズン・ブレイク マイケル プリズン・ブレイク LJ
・もみあう中で、マホーン捜査官は足で休止ボタンを解除し非常ベルを鳴らす。LJは下降するエレベーターの中で自分を置いて逃げて欲しいとリンカーンに頼む。リンカーンはLJの手を離そうとしないが、マホーン捜査官がLJを地面まで引きずり下ろしてしまい、警備員達が待ち構える別の階に着く。
・LJが別の警備員2人に囲まれた後、マホーン捜査官は警備員達にエレベーターの上にマイケルとリンカーンがいたことを告げ、警備員を周囲に配置させるよう指示を出す。
・リンカーンとマイケルは外の道路に出て、何人かの市警に発砲される中、近くに止まっていたトラックを奪い立ち去る。

9.
(ベリックの自宅)
・ベリックは母親と同居している家に戻り、自分の部屋に入る。母親が早いのね、というと、休暇を取ったと返事をして、母親の頬にキスをしてその場をやり過ごす。一人部屋に残ると自分の荷物からショットガンを取り出し、弾を入れる。
(フォックス・リバー:ポープ所長の部屋)
・自分の部屋に戻り、荷物を整理しようとしたポープ所長はタージ・マハルの完成した模型を見つめ、これまでのマイケルの言動を思い出すと、そばにあったテーブル・ランプを模型に向かいたたき付け、タージ・マハルの模型を壊す。
プリズン・ブレイク ポープ プリズンブレイク ティーバッグ
(動物診療所の外)
・獣医の服に着替え、髪の色を変えたティーバッグは診療所の鍵を閉め、駐車場に止めてあった車の鍵を開ける。そして、カーナビでユタまでの道路の指示を求める。
(セントルイス工科大学/工学部?の大学構内 )
・トゥイーナーが構内で自分が1面に乗った新聞を眺めていると、後ろからベリーショートの女の子が「スコット・コブレナー?」と話かける。トゥウィーナーが「デブラ・ジーン?」と聞くと、「誰からも電話がなかったから出発する準備ができていたの、ここではユタの人間が少ないからね?」と話す。そして、トゥイーナーは祖父が死んだといいデブラに車は向こうに止めた、と言われデブラの後についていく。
プリズンブレイク デブラ プリズン・ブレイク トゥイーナー
(ベリックの自宅)
・ベリックはショットガンの安全装置を外し、銃口を口の中に向けようとすると、ドアの向こうから母親が話しかけてくる。ベリックは適当な返事をしていると、母親は脱獄した囚人達に懸賞金が1人10万ドル(約1200万円)、リンカーンには30万ドル(約3600万円)かかっていると聞き、身を起こす。
プリズン・ブレイク ベリック プリズン・ブレイク リンカーン
(クック郡裁判所近くの郊外)
・リンカーン達が奪ったトラックが放置されている為、トラックに市警が銃を持ち警告しながら近づく。警官達が近づくと、マイケルとリンカーンはトラックから徒歩で逃げていたが、リンカーンがトラックで逃げる際に左足に銃でかすり傷を撃たれ走れなくなっていた。
・FBIのマホーン捜査官はリンカーン達が乗っていたトラックに付着している血の量を確認し、近くの病院に連絡を取るよう指示し、病院に来ないなら一人は死ぬ事になる、とつぶやく。(裁判所でLJを載せた車はアリゾナの刑務所へ移送する為、移動する。)

シーズン2-3話

印がついているのはイリノイ州OSWEGO(オズウィーゴ)










Copyright (c) 2006-2007 猫とプリズンブレイク

リンクフリーです。連絡なしで構いませんので、ご自由にリンク、トラックバックをお張り下さい。TBはこちらからもお返しできるので、大歓迎です。

*ただし、 ・当ブログと全く関係のない記事 ・TBを拒否設定しているブログ(やむを得ないと解るブログは構いません) ・ニュースサイトを含め、転載記事で構成したブログ に関しては、すべてスパムとみなし削除致しますのでご了承下さい。

*当ブログの文章は(引用以外は)100%オリジナルで作成しております。
リンクを貼って頂いた上で、ブログ名がわかるようにして頂いている「引用」は全く構いませんが、「転載」は一切許可しておりませんので、コピー記事を発見した時はこちらにあるように、コメント欄からご連絡下さい。
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。