Top シーズン2>ストーリー 1-13話10話「めぐり逢い:Rendezvous」
2006年09月05日

botan04.gif10話「めぐり逢い:Rendezvous」

1.
(カンザス州:トリビューン)
・音楽がかかる中でティーバッグが椅子に座り縛られたまま、よだれをたらしていた。別の椅子に座っていたゲアリー元刑務官はティーバックの持ち物が少ない事をいぶかしがりながらティーバッグが持っていた機械のことを聞くとティーバッグは血圧計だと答える。そこに、ベリック元刑務官がキッチンから戻ってきて、(肉をやわらかくする)ミートハンマーを持ってきて、ティーバッグに金のありかを吐けといってティーバッグを殴り始める。(金を入れたコインロッカーの鍵は左の靴下の内側に刺していた。)
(イリノイ州:FBIシカゴ支局)
・FBIの捜査官達は、リンカーンの写真に×をいれ、リンカーンが捕まった事を祝っていたが、マホーン捜査官の居場所がわからないと話しあっていた。
(シークレット・サービスのケラーマン捜査官はタクシーの後部座席でマホーン捜査官に電話するが、留守電のメッセージが流れた為、電話を切り、ワシントンD.C.にいる大統領側近でシークレット・サービスのキムに電話をし、リンカーンがアリゾナ州警察に確保された事を報告する。キムはこの為にFBIマホーン捜査官を引き入れたのでマホーン捜査官に向かわせろというがケラーマン捜査官は自分が処理すると言う。)
(アリゾナ州:ウィルコックスのある道路)
LJとリンカーンはパトカーの後部座席に座らされ道路を走っていたが、パトカーに1台の黒塗りの1BOXカーが猛スピードで近付いて来た。パトカーに乗った警官はその車に気付くが、黒塗りの車はパトカーに体当たりを繰り返すと、パトカーはわき道にそれ横転した。リンカーンとLJは後部座席から抜け出すが、黒塗りの車から近付いてきた男達に拉致される。リンカーンは抵抗しようとしてその中にいた人物に抵抗するが、殴った相手は金髪の女性で口をぬぐいながらあなたの父親の仲間よと言われる。

2.
(イリノイ州:シカゴのオヘア国際空港)
・シークレット・サービスのケラーマン捜査官が空港のエレベーターを降りていると、FBIのマホーン捜査官から電話が掛かる。ケラーマン捜査官はマホーン捜査官にリンカーンが確保されたのでアリゾナに来いというが、マホーン捜査官は今日が、サラマイケルが落ち合う日だ、と話す。
(ニューメキシコ州:ギラ)
・サラは1軒のモーテルの部屋の中でこれまでの事を思いだす。そして、父親が自殺した時鍵を拾った事を思い出し、自分のキーリング(鍵のたば)の中に収める。
(コロラド州:トリニダードにある一軒の家)
・リンカーンとLJは1軒の別荘地のような大きな家に連れてこられる。家の前には見張りが立っており、リンカーンはその男に悪態をつきながら金髪の女性につれられLJと共に家の中に入る。女性は(リンカーンの)父親はここに向かっていると言うが、リンカーンは信用できないといって外に出ようとするが、女性に止められる。
プリズンブレイク リンカーン プリズンブレイク

3.
(ニューメキシコ州:ギラ)
・FBIのマホーン捜査官はモーテルの受付の男性にマイケルの写真を見せ、見つけたら通報するように言う。部屋を出ようとした時、モーテルの店主にこの先の道にもう1件もテールがある事を教えてもらう。
・サラは別のモーテルでシャワーを浴びていると、部屋のドアをノックする音が聞こえる。緊張しながら声をかけると、サラにFAXが届いているというので、ドアの隙間からFAXを入れてもらう。サラは例を言い、FAXを見ると、「1時間後、バターフィールド通り16781」と書かれていた。
(ネブラスカ州:ダイナソア)
スークレの乗った車はオーバーヒートしてしまったのか、道路に車を置いたままスークレは歩き出す。しばらく歩いた後、ガソリンスタンドの前の公衆電話に近付くとフォックス・リバーからの脱獄囚の写真が貼ってあり、スークレはそれをはがした後、横に設置してあった公衆電話からどこかへ電話をする。すると、マリークルースの姉のテレサが出てマリークルースはいない、午後から2人で新婚旅行に行くはずだったメキシコの へ行くと話す。マリークルースがテレサの家に一度寄ると聞いたスークレは公衆電話の電話番号を教え、マリークルースが立つ前に電話して欲しいと伝言するように頼む。

4.
(ニューメキシコ州:ギラ)
・サラはレンタカーを借りて、マイケルが指定した場所に着く。サラは車を止め周囲を見渡すが、遠くに工場のようなものが見えるだけで何もなく、16781と番地の入ったポストがあったのでその中を確認するが何もない。マイケルの乗った車が近付くが、サラはしばらくした後、車に乗り込む。そこへマイケルの車が近付き、サラがマイケルに気付くと、マイケルはサラに声をかける。
・マイケルはサラに来ないと思ったと話すが、サラはプランがあるというメッセージが気になったと話す。
(FBIのマホーン捜査官はサラの止まっているモーテルに来ており、受付にサラの写真を確認すると、ケリー・フォスター/シカゴの公衆電話でサラの代わりに間違って殺された女性という名前で止まっていると話す。マホーン捜査官は電話か何か来たか確認すると、FAXが来たと答えるので、マホーン捜査官はFAXのメモリー機能から、マイケルがサラに送ったメッセージ「1時間後、バターフィールド通り16781」を手にする)
・マイケルはサラにリンカーンとパナマに行くという話しをするが、サラはそれがプラン?もっとちゃんとしたものではないの?と驚く。しかし、マイケルはこれしかないと答える。それを聞いたサラは脱獄犯と一遜に逃亡生活?おまけにティーバッグのような凶暴犯を野に放ってまで?とあきれるが、マイケルはリンカーンが死ぬかもしれなかったと話す。するとサラは私の父は死んだのよと言うと、マイケルはしばらく言葉がつまりサラに謝る。そして、サラを一人にしたくないと話すと、サラは私も一人にはなりたくないわといいマイケルに近付くが、その時マイケルは通りの向こうから砂埃を上げながらこちらにフル・スピードで向かってくる車を見つける。
プリズンブレイク サラ プリズンブレイク マイケル
・マイケルは逃げ道がないというサラを車に乗せ、向かってくる車に向け車のスピードを上げる。向かってくる車に乗っていたのはFBIのマホーン捜査官でマイケルはマホーンの乗った車と何度も接触しながらも車を走らせるが、マイケルの車がどこかの向上に突っ込んでしまい、マイケルはサラを車から出して建物の中に走る。

5.
(カンザス州:トリビューン)
・別の方法で金の場所をティーバッグから吐かせようとした為、ベリックとゲアリーはティーバッグを立たるが、ティーバッグが抵抗したためしばらく争うがその時、コインロッカーの鍵が部屋の隅に転がる。それを見たベリックは鍵を拾おうとするが、一足先にティーバッグが鍵を手にし、鍵を飲み込む。
・ベリックは便器の底に水切り用の穴があいたステンレスのボウルを入れ、その上にティーバッグを座らせガムテープで便器にティーバッグを固定する。そこにベリックのクレジットカードで買い物をしてきたゲアリーが袋を持って戻ってくるとティーバッグの口の中に購入してきたものを入れて飲み込ませる。
(ネブラスカ州:ダイナソア)
・店舗の前でスークレは待っていたが、ガソリンスタンドにパトカーが入ってくる。その時、公衆電話が鳴るが、警官達がいる前で公衆電話に出る事はできない。
プリズンブレイク スクレ プリズンブレイク スクレ
(ニューメキシコ州:ギラ)
・サラが借りたレンタカーを取りに戻ろうと言うが、マイケルは遠いといい二人で建物の中に隠れていた。サラはバックアップを呼ばれると躊躇するが、マイケルは(マホーン捜査官は)そうしない、彼は自分達を殺す気だから一人でやる、と言って建物の前に車を止めたマホーン捜査官の方を見る。

6.
(コロラド州:トリニダードにある一軒の家)
・リンカーンはLJに父親(LJの祖父)のせいで自分が嵌められたと話す。そこへ金髪の女性が現れもう少しでリンカーンの父親が到着すると話す。リンカーンは女性にジェーンだったな、さっきは悪かった、と言いいつから父親を知っているのか聞く。すると金髪の女性ジェーンは自分も組織(カンパニー)で父親と一遜に働いていたと話す。それを聞いたリンカーンはそれで家族を捨てた?と続けるが、ジェーンは自分には家族はいない、それに(リンカーンの)父親はマイケルが10歳の時以来会っていないと話していて、いつも会いたがっていたと返答する。すると、別の男性が現れ父親が付いたというのでジェーンは玄関に向かう。リンカーンは車が着いた音を聞くと、LJにマイケルは父親と会った事がない、と言い逃げ出そうとするが囲まれてしまう。しかし、その中から(リンカーン)父親が現れた為、リンカーンは驚き「父さん」と呟く。
(ニューメキシコ州:ギラ)
・FBIのマホーン捜査官は銃を手にマイケルとサラを探して薄暗い工場内を歩く。マイケルはサラと二手に別れ隠れておりマホーン捜査官がサラの方に近付こうとすると音を立てて自分の方におびき寄せる。

7.
(アリゾナ州:ウィルコックス)
・リンカーンとLJが逃げたパトカーが横転している場所に来ていたシークレット・サービスのケラーマン捜査官はキムに電話をかけ、リンカーンが逃げたことを話す。すると、キムは落ち着けと言い別の手がある、君だけが駒じゃないと話す。そして、サラの父親がサラに話したことを探れというと電話を切る。ケラーマン捜査官は電話が切れると、サラが借りたレンタカーの情報を調べるよう連絡を入れる。
(ニューメキシコ州:ギラ)
・サラは入り口付近に逃げており、周囲を見渡すと、FBIのマホーン捜査官が乗ってきた車に走る。サラは何とかしてエンジンをつけようと試みる。
・その時、マイケルは工場の奥の方へ逃げていた。途中左腕をぶつけ切り傷を負っていたが、今いる場所から先は行き止まりになっており、プロパンガスの注意書きを見つけ、ガスを部屋に充満させる事にする。
(カンザス州:トリビューン)
・ベリックとゲアリーはヨットのカタログを見ていたが、ティーバッグのうめき声が聞こえた為、ベリックはゲアリーに鍵があるか探らせる。ゲアリーは鍵を見つけ洗うと、ベリックはティーバッグの目の前で911(警察)に電話して不審者がいるかもしれないと住所を告げて通報する。ティーバッグは左手首を、固定して設置してあるオイルヒーターに縛られていた。ティーバッグはゲアリーとベリックに懇願するが、二人はティーバッグをそのままにして家を出る。
プリズンブレイク ベリック プリズンブレイク ティーバッグ

8.
(ニューメキシコ州:ギラ)
・FBIのマホーン捜査官は銃を手にしたまま行き止まりの部屋にくる。そして、部屋が行き止まりだと気付くと、後ろから出てきたマイケルに金網でできたドアを閉められるマホーン捜査官はマイケルに銃を向けるが、マイケルはガスが充満しているから撃てば、マホーン捜査官も死ぬと告げる。それを聞いたマホーンはそれでも撃つというが、マイケルは工場内のガラスを割り、少し考えろ、だけど何度やっても自分が勝つと言ってその場を立ち去る。マホーン捜査官はマイケルの背中に向けて、お前は俺を殺せないし、2ヵ月後にパナマだろ?どこへ行っても捕まえると告げる。
・マイケルは外に出て、自分の借りていたレンタカーを持ってきたサラの車に乗り込む。
プリズンブレイク マホーン プリズンブレイク マイケル
(カンザス州:トリビューン)
・ベリックとゲアリーは駅前に来ると、ロッカーを開ける。中のバッグを見つけたゲアリーはバッグを持ち、人のいないところに運ぶが、突然ゲアリーがバッグから手を離せというと(肉をやわらかくする)ミートハンマーでベリックを殴打し、バッグを肩にかけその場を立ち去る。
プリズンブレイク ベリック プリズンブレイク
(ネブラスカ州:ダイナソア)
・スークレは警官達がいなくなった後、公衆電話から電話をかけるが、留守電になっていた。スークレは、警官がいて電話に出られなかったと詫びた後、メキシコシティの郊外に住んでいる親戚がいると話し、来週旅行の帰りイスタパの空港で会おう、君なしでは生きていけないと言った後、スークレはポケットからマイケルから渡されたメモを見つめる
(テレサの家には、ヘクターが来ておりマリークルースの居場所を聞く。家にあったメモからヘクターは新婚旅行で行くはずだった旅行先にマリークルースが向かった事を知る。)

9.
(ニューメキシコ州:ギラ)
・サラは簡単な医療道具を購入した後、マイケルと共にモーテルの1室にいた。そして、マイケルの治療をしながら糖尿病という話は嘘だったのね?というとマイケルは笑う。そして、今の状況、スリルが楽しい?と聞く。マイケルは奴らは国境を越えられない、協力者もいる、といってサラの手を握る。それを聞いたサラは、マイケルにシャワーを浴びて体をきれいにしてきたら?というと、マイケルは立ち上がり、サラが来てくれてうれしかったと話しバスルームのドアを閉める。
プリズンブレイク サラ プリズンブレイク マイケル
(コロラド州:トリニダードにある一軒の家)
・LJはリンカーンから初めて祖父「アルド・バローズ」を紹介されると、うれしそうに握手をする。父親はリンカーンからある街でマイケルと落ち合う事を聞くと、自分が迎えに行くと話すが、リンカーンは(自分達は)パナマに行くと返す。それを聞いた父親は国外に逃げなくてもいい、と話す。(リンカーン達3人が話している今のドアを見ていた男の携帯電話が鳴る。男が携帯電話に出ると、相手はキムで男に今やれといい電話を切る。)
プリズンブレイク プリズンブレイク

10.
(カンザス州:トリビューン)
・ティーバッグは家の中で左手首に付いたビニールの紐を外そうとするが、オイルヒーターは家に固定されており、紐を切る事ができない。家の外からはパトカーのサイレンの音が近付いてくる。
(ニューメキシコ州:ギラ)
・マイケルはシャワーを浴びて部屋の外に出るとサラは「This time I know better I’m sorry(今回はこうした方がいい。ごめんなさい)」というメモを残し姿を消していた。
・サラはマイケルをモーテルに残し、自分が借りたレンタカーに乗るとエンジンをかける前にしばらく考えた後、車を降りた。しかし目の前にはサラに銃を突きつけたシークレット・サービスのケラーマン捜査官がいた。
プリズンブレイク ケラーマン プリズンブレイク サラ

シーズン2-11話








Copyright (c) 2006-2007 猫とプリズンブレイク

リンクフリーです。連絡なしで構いませんので、ご自由にリンク、トラックバックをお張り下さい。TBはこちらからもお返しできるので、大歓迎です。

*ただし、 ・当ブログと全く関係のない記事 ・TBを拒否設定しているブログ(やむを得ないと解るブログは構いません) ・ニュースサイトを含め、転載記事で構成したブログ に関しては、すべてスパムとみなし削除致しますのでご了承下さい。

*当ブログの文章は(引用以外は)100%オリジナルで作成しております。
リンクを貼って頂いた上で、ブログ名がわかるようにして頂いている「引用」は全く構いませんが、「転載」は一切許可しておりませんので、コピー記事を発見した時はこちらにあるように、コメント欄からご連絡下さい。
| TrackBack(0) | シーズン2>ストーリー 1-13話 ブックマークに追加する

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。